クレジットカードの知識や情報を発信

  1. クレジットカードをお得に使う
  2. 14 view

エポスプラチナカードのコスパについて

プラチナカードは各社審査が厳しく、年会費も高いです。
取得も難しいですが、審査が通過したとしても年会費が高額になり、元を取るにはしっかりカード決済をする必要があります。

ただ、それだけ特典や保険などはゴールドカードとは別格と言えるくらい充実しています。

そんなプラチナカードの中でコスパがよく、特典も充実しているクレジットカードがあります。
それが「エポスプラチナカード」です。

クレジットカードはエポスカードを愛用している人も多いと思います。
インビテーションでエポスゴールドカードを年会費無料で手にしている人も多いでしょう。

さらにワンランク上のエポスプラチナカード。
この「エポスプラチナカード」のコスパや特典を紹介します。

エポスプラチナカードのコスパ

エポスプラチナカードはコスパがいいと解説しました。
どうコスパがいいのかは重要ですよね。

まず、エポスゴールドカードはインビテーションや紹介で年会費を無料にできます。
使い方によっても年会費を無料にすることは可能です。

エポスプラチナカードは年会費は3万円です。
やはりプラチナカードですね。
年会費は高額です。

とは言え、プラチナカードとしては安い方です。
ステータスカードの代表格「アメックスプラチナ」は13万円です。
銀行系カードの代表三井住友カードでも5万円です。

もちろん年会費3万円より安いプラチナカードも存在します。
しかし、特典の充実や年会費の元を取ることを考えると微妙なカードも多く存在します。

年会費だけでは、コスパがどうかの判断は難しいです。

さて、エポスプラチナカードは年会費の元以上と取れるのか・・・?
やはり使い方次第ですね。

年間100万円以上をエポスプラチナカードで決済すると翌年の年会費が1万円引きの2万円になります。
また、インビテーションによる入会の場合は年会費は元から2万円になります。

そして、年間の利用金額に応じてボーナスポイントが付与されるのですが・・・・・
年間100万円の利用で2万ポイントがもらえます。
2万ポイントつまり、約2万円分のポイントがもらえるわけですね。

これを考えると、年間100万円をエポスプラチナカードで決済すると年会費の元が取れます。

・インビテーションの場合、年会費2万円 → 年間100万円決済で2万円分のボーナスポイント
・通常の申し込みの場合、年会費3万円 → 年間100万円の決済で年会費1万円を割引+2万円のボーナスポイント

つまり、エポスプラチナカードを持つには年間100万円の決済ができるかどうかが重要です。

年間100万円の決済はできればエポスプラチナカードの年会費の元以上を取ることが決定します。
なおかつ、プラチナカードの特典もあるので、コスパは高いです。

エポスプラチナカードの特典
・プライオリティパスを無料で登録可能、通常年会費429ドル(約42900円)
・誕生日月はポイント2倍
・ポイントの有効期限は無制限(ゴールドカード以上の特典)
・選べるポイントアップショップ(ゴールドカード以上の特典)
・国内航空ラウンジ無料(ゴールドカード以上の特典)
・海外旅行保険、最高1億円の補償(自動付帯)
・国内旅行損壊保険、最高1億円(利用付帯)
・VISAプラチナトラベルやプラチナ海外Wi-Fiレンタル、プラチナ空港宅配
・プラチナグルメクーポン(対象レストランの2名以上のコース料理に関して、会員本人の料金無料、半年に1回利用可能、1万円から3万円位)

注目はプライオリティパスですね。
海外旅行にたまに行く人なら、非常にありがたいカードです。

 icon-check-square 関連記事
プライオリティパスとは?

まとめ

エポスプラチナカードのコスパが高いと言える理由は年間100万円の利用で年会費の元以上が取れてしまうということです。

そして、特典は通常のプラチナカードレベルです。
銀行系のプラチナカードと比較しても遜色ないレベルですね。

特別ステータスにこだわらないのであれば、エポスプラチナカードはおすすめできます。
ただし、年間100万円以上は利用するという条件付きではありますが・・・・

クレジットカードをお得に使うの最近記事

  1. エポスETCカードのメリットやデメリットとは

  2. エポスポイントを効率よく貯める方法とは

  3. エポスカードでマイルを貯める方法とは

  4. エポスカードの付帯保険を紹介

  5. エポスプラチナカードのコスパについて

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


当サイトは、プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を導入しています。

最新記事

おすすめ特集記事

  1. おすすめクレジットカード

    MUFGカードの特徴やラインナップとは
  2. おすすめクレジットカード

    VIASOカードの特徴とメリットやデメリット
  3. おすすめクレジットカード

    楽天カードの特徴とメリットやデメリット
  4. おすすめクレジットカード

    dカードからdカードGOLDにアップグレードするメリットとは…