今回のお話は「マイル」です。
ここで説明する「マイル」とは飛行機に乗ったり、マイレージカード機能付きのクレジットカードを使うと貯めることが出来る、マイル(ポイント)についてです。

マイルを貯めるとお得。
マイレージを利用した方がいい。

このような言葉を聞いたことがありますか?
もしかして、あなたはもうマイルを貯めている?

逆に、マイレージなどの「マイル」のことがよくわからない人もいると思います。
そんな人向けにマイレージやマイルについて解説しますね。

マイレージとは

マイレージとは各社航空会社が提供するポイントプログラムです。
取得したポイントによって様々な特典がもらえるポイントプログラムです。

その種類は大きく分けて3つ・・・

  • マイルを貯めるポイントカード
  • マイルと電子マネーが一緒になった電子マネー
  • マイルを貯めることができるクレジットカード

航空会社によって別々のポイントプログラムを展開しています。
つまり「ANAのマイレージ」、「JALのマイレージ」その他様々な航空会社がポイントプログラムを出しています。

大手航空会社の数だけマイレージのポイントプログラムがあると言っても過言ではありません。

つまり、マイレージのポイント(マイル)は共通ではありません。

注意

航空会社各社にマイレージプログラムがありますが、共通で使える、貯めれる場合があります。
それが、「アライアンス」が共通な場合です。
この場合は違う航空会社のマイルが使えたり、貯めることも可能です。
ただし、効率は悪くなります。
どの航空会社のマイレージカードに入会するか、複数使用するかは重要です。

マイレージ=マイル

マイレージのポイントのことをマイルと呼びます。
これがちょっとわかりにくいところでもあります。

単純に100マイルと100ポイントという意味で捉えていいでしょう。

マイルを貯めるには

まず、マイルを貯めようと考える場合にはマイレージカードかマイレージに対応したクレジットカードが必要です。

例えばANAのマイルを貯めようとする場合は・・・

  • ANAマイレージクラブカード、またはANAカードに入会
  • 提携パートナークレジットカードを使用する

この2つの方法があります。
JALならJALマイレージバンク対応のカードに入会します。

このマイレージカードはクレジットカード付きと、付いていないタイプがあります。
デビット機能付きやWAON付きのカードもあります。

意外と提携パートナー会社のクレジットカードは沢山あります。
例えば「楽天ANAマイレージクラブカード」があります。
三井住友カードもANAマイレージクラブ対応のカードがありますね。

その他、JALやANAが直接発行するマイレージ機能付きクレジットカードもあります。

マイルを貯めるには、その航空会社が直接発行するクレジットカードが一番効率が良いです。
使う場合も、直接貯まったマイルを航空券に変えることも可能なので、便利です。

また、クレジットカード機能付きのマイレージカードはショッピングなどでもマイルが貯まります。
より多くマイルを貯めようと思ったら、クレジットカード機能付きを選びましょう。

また、共通ポイントとマイルを相互交換できたりもします。
楽天ポイントを貯めて、マイルと交換という貯め方もありますね。

このようにマイルを貯める方法は、沢山あります。
一般的にマイルを貯めるには、マイレージ対応のクレジットカードを使用することが多いです。

マイルを貯めると何がお得?

貯めたマイルに応じて様々な特典がもらえます。
例えば

  • 無料航空券
  • 座席のアップグレード
  • グループ企業で使用できる金券など

主にこのようなものと交換できます。

メインはやはり航空券ですね。
航空券交換のためにマイルを貯めている人が多いです。

JALを例にあげると

  • 1万マイルで東京から秋田や松山の無料往復航空券
  • 15000マイルで日本からソウル
  • 2万マイルで日本からグアムや香港
  • 4万マイルで日本からホノルルやモスクワ

このような無料航空券と交換できます。

ではANAを例に見てみましょう。

  • 15000マイルで東京から札幌
  • 2万マイルで東京から沖縄、香港など
  • 4万マイルで東京からホノルルなど

このような無料航空券と交換ができます。

注意

マイルは様々な商品やサービスと交換することが可能です。
しかし、交換率を考えると航空券に交換するべきです。
逆に航空券と交換しないのであれば、「マイルを貯める必要性はない」と言ってもいいでしょう。

ただ出張が多く、会社のお金でマイルが貯まっていく場合などは、使い方にこだわる必要はないかもしれません。

マイルの貯め方とは

マイルを貯める方法は主に2種類あります。

・飛行機に乗ってマイルを貯める
注意:ただしANAのマイルレージクラブならANAに乗らないと貯まりません。(JALも同様)
・対応のクレジットカードを使用してマイルに交換

飛行機に乗ってマイルを貯める場合

各社、区間によってマイル数が決まってます。
また換算比率というものもあります。

ANAを例に説明しますと・・・
東京から札幌区間で貯まるマイルは510マイルです。
旅割や特割など割引を使用して搭乗すると75%の換算率です。
つまり382マイルとなります。

プレミアム運賃などでは150%の換算率です。
つまり765マイル貯まります。

JALも同様で割引を使用すると75%の換算率となります。

このように基本マイルがあり、その換算率によって取得できるマイルが変わってきます。
移動距離に応じてマイルが貯まるイメージですが、実際は違いますね。
払った金額に対してマイルが貯まるという認識で大丈夫です。

クレジットカードのポイントをマイルに交換

「陸マイラー」という言葉があります。
これは飛行機にならないで、マイルを貯める人のことをいいます。
主に陸マイラーはこのクレジットカードのポイントをマイルに交換することで、マイルを貯めます。

クレジットカードのポイントの場合

  • 200円で1マイル
  • 特約店では100円で1マイル

これが基本になります。

では例として、「楽天ANAマイレージクラブカード」を例に貯め方を解説します。
楽天ANAマイレージクラブカードは2つのコースがあります。

  • ANAマイルコース・・・200円につき1マイル貯まる
  • 楽天スーパーポイントカース・・・100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント、2ポイントを1マイルに交換可能

どちらを選んでも200円につき1マイルです。
ただ、自動でマイルが貯まるか、ポイントをマイルに交換するかの違いです。
(いつでもコースは変更可能)

基本どこのクレジットカードを選んでも200円につき1マイルが基本と考えていいでしょう。

マイル貯めることで重要になる「ANAマイレージモール」という特約店があります。
楽天市場での買い物は200円で1マイルです。
しかし、イトーヨーカドーネット通販では100円で2マイルです。

  • シマンテックストア
  • マカフィーストア
  • イイハナ・ドットコム

このようなショップでは期間限定で100円で5マイルです。

期間限定を利用すると貯まりやすいという特徴があります。

ただし、Yahooショッピングでは300円で1マイルです。
このようにマイル付与率を意識ししないと、損をする結果にもなります。

飛行機以外で、効率的にマイルを貯めるには工夫が必要です。

飛行機でマイルを貯める場合と陸マイラーを比較

飛行機に乗ってマイルを貯める場合
クレジットカードのポイントでマイルを貯める場合を比較してみましょう。

飛行機のマイル

1つの例をあげます。
東京から札幌に行く場合、基本取得マイルは510マイルです。
そして東京から札幌の運賃は割引なしで約40340円です。
この場合、約79円で1マイル貯まる計算になりますね。

クレジットカードのマイル

クレジットカードの場合は基本200円で1マイルです。
飛行機にのってマイルを貯めることを考えると、明らかに非効率になってしまいます。
しかし、そんなに頻繁に飛行機に乗らない人は、このような貯め方も必要です。

期間限定ですが、シマンテックストアなどを利用すると1マイル20円の計算です。
還元率はいいですね。
しかし、このようなショップは多くても年1回くらいしか利用しないでしょう。

このように考えると基本はやはり飛行機に乗った方がマイルをお得に貯めることができます。

でもANAマイレージモールは期間限定でマイルが2倍から5倍貯まるショップがあります。
このようなショップをチェックして、うまく利用すると飛行機に乗るよりもお得にマイルを貯めることができます。

ただし結構、大変な作業になります。
マイルを貯めるために、不要なものを購入するようなことは避けましょう。

まとめ

注意しなければならないのは、基本マイルの有効期限は3年ということです。
3年以内に使用しなければ消失します。

注意

例外として、有効期限がないマイルもあります。
例えば、JALマイレージカードでJALに乗ると、そのマイルは「生涯マイル」となります。
生涯マイルとは有効期限がありません。
ただし、JAL以外の提携航空会社(同じアライアンス)でマイルを取得下場合は「生涯マイル」とはなりません。

ANAなど各社有効期限なしのマイルが存在しています。

例えば1万マイル貯めようとすると・・・

飛行機を利用すると79万円で貯まります。
(効率的にマイルを取得した場合)
クレジットカードのポイントでは基本的に約200万円で貯まります。
ANAマイレージモールをうまく利用すれば、もっと安くで貯まります。

この金額を3年以内に使わなければなりません。
なかなか難しい金額ではありますね。

このように、マイルを貯めるのは結構大変です。
でも、うまく貯めることができれば無料航空券をゲットできます。

飛行機に年数回乗る人ならば利用しないと損ですね。