Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/seize-ent/creditcard-sikumi.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

クレジットカードの知識や情報を発信

  1. おすすめクレジットカード
  2. 29 view

ジャパネットカードとは?メリットやデメリットを紹介

あなたは通販は利用しますか?

最近はアマゾンや楽天のネット通販をメインに利用する人が多いことでしょう。

でもテレビショッピングもまだまだ需要がありますね。
場合によってはネット通販よりもお得な商品もあります。

また、ジャパネットタカタなどでは分割の金利手数料が無料になります。
商品購入金額だけで、分割払いも利用可能なんです。

これって思いの外メリットがあります。

そんなテレビショッピングの最大手のジャパネットタカタのクレジットカード「ジャパネットカード」を紹介します。

ジャパネットカードとは

テレビをよく見る人ならば、お馴染みのテレビショッピングの会社「ジャパネットタカタ」。
そのジャパネットタカタが発行するクレジットカードが「ジャパネットカード」です。

なんだ・・・ジャパネットタカタの買い物がお得になるだけのクレジットカードか・・と思っていたら大間違いです。
ただ、2年1回以上はジャパネットで買い物をしなければ、お得ではありませんが・・
でもジャパネット以外の買い物でも結構使えるクレジットカードになってますね。

年会費は初年度無料ですが、2年目からは3240円かかります。
しかし、2年目以降から毎年3240ポイントが付与されます。
1ポイント=1円なので、年会費相当のポイントがもらえます。

ポイントはジャパネットの買い物で使えます。

ただ、ポイントの有効期限は2年なんです。
なので、2年1回はジャパネットで買い物をしないとポイントが消滅してしまいます。
年会費だけ引かれて、ポイントは消滅するのは勿体無いですね。

国際ブランドはJCBのみです。

通常のポイント還元率は0.5%です。
まあ、ポイント還元率はステータスカードなみでイマイチですね。

ETCカードも追加カードとして発行可能です。
発行手数料1000円が必要です。

ショッピング保険が最高50万円までついてます。
これはジャパネットカードでは絶対に必要な保険ですよね。

国内、海外旅行損害保険は最高5000万円まで付与されます。
なかなか充実していますが、両方とも利用付帯なので注意しましょう。

IDやクイックペイ、そしてApple Payも使えます。

 icon-check-square 関連記事
ApplePay(アップルペイ)とは何か?

では、ジャパネットカードのデメリットを最初に説明しましょう。

ジャパネットカードのデメリットとは

年会費が必要です。
これは地味にデメリットですね。

もちろん初年度無料で2年目から年会費相当のポイントが自動で毎年付与されます。

でもポイントの有効期限は2年です。
そして、ポイントはジャパネットタカタの買い物でしか利用できません。

このことから、最低でも2年に1回はジャパネットタカタで買い物をしなければなりません。
まあ、でもそれくらいの頻度で利用しなければ、そもそもジャパネットカードに入会する意味はありませんよね。

カードを利用した場合のポイント還元率は0.5%なので、低いですね。
これは一番のデメリットだと感じます。
ジャパネットカードのデメリットをまとめると下記の3つです。

・ポイント還元率が0.5%とイマイチ低い
・ポイントがジャパネットタカタの買い物にしか使えない
・年会費がかかる(年会費相当のポイントが付与されるが、有効期限が2年)

さて、次はお待ちかねのメリットいきましょう。

ジャパネットカードのメリットとは

私個人的な意見として、「ジャパネットカード」の最大のメリットは分割払いの金利手数料が無料になることです。

いやいや・・・ジャパネットタカタはいつも分割払いは金利手数料で売ってますよって思いましたか?
その通りですね。

ただ、「ジャパネットカード」のすごいところは、他のお店で買い物をして分割払いを指定しても、金利手数料が無料です。
icon-exclamation-circle最大36回までの金利手数料が無料

これは、なかなかすごいメリットだと思います。
こんなカード他にはないと思いますよ。
私が知る限りですが・・・・

icon-exclamation-circleただし、ジャパネットタカタ以外のお店での分割払いは金利手数料相当のポイントを付与することで金利手数料無料としています。

ジャパネットタカタ以外の買い物でもポイントが貯まります。
これはメリットというよりも、今や当たり前ですね。

また、ジャパネットタカタの買い物の送料が無料になります。
元々送料無料の商品が多いですが、そうでない商品もあります。
それが無料になります。

ジャパネットタカタをよく利用する人にはメリットですね。

しかも、ジャパネットカード加入以前、60日前までさかのぼってジャパネットタカタで購入した商品の送料を支払っている場合はポイントで送料を還元してくれます。

そして、ジャパネットカード会員限定の特別セールがありますよ。
このように、ジャパネットカードのメリットをまとめると下記の3つになります。

・ジャパネットカードで分割払いの場合は36回まで金利手数料無料(どの店で買い物をしても無料)
・ジャパネットタカタの買い物の送料が無料
・会員限定セールあり

まとめ

ジャパネットカードはジャパネットのショッピングを利用すること前提で作られたクレジットカードです。
ポイントもジャパネットタカタの買い物でしか利用できません。

ただ、ジャパネットの売りである、分割払いの金利手数料無料が他店利用でも適用されるのは大きなメリットですね。
ただし、36回払いまでで、他店利用の場合は金利手数料相当分をポイント還元という対応になります。

国内、海外旅行損害保険も5000万円までと結構充実しています(利用付帯)
当然ながらショッピング保険も付帯しています。

通常のポイント還元率が0.5%とイマイチ低いなどのデメリットはありますが、ジャパネットタカタをよく利用するならば、持っておいて損はないカードです。

スポンサーリンク


 

おすすめクレジットカードの最近記事

  1. JCBオリジナルシリーズのラインナップを紹介

  2. エポスプラチナカードのインビテーションの条件とは

  3. ジャパネットカードとは?メリットやデメリットを紹介

  4. エポスETCカードのメリットやデメリットとは

  5. エポスポイントを効率よく貯める方法とは

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


当サイトは、プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を導入しています。

最新記事

おすすめ特集記事

  1. おすすめクレジットカード

    MUFGカードの特徴やラインナップとは
  2. おすすめクレジットカード

    VIASOカードの特徴とメリットやデメリット
  3. おすすめクレジットカード

    楽天カードの特徴とメリットやデメリット
  4. おすすめクレジットカード

    dカードからdカードGOLDにアップグレードするメリットとは…