デビットカードという名前は聞いたことあっても実際使用したことのない人は多いです。

デビットカードはクレジットカードと似てますが違います。
ここではデビットカードを知らない人の為に基本的なことを書きます。

デビットカードの基本

デビットカードにはクレジットカードの国際ブランドが付きます。

・VISA
・マスターカード
・JCB

このようなブランドですね。

ということは、デビットカードはクレジットカード?

ではないですね。

デビットカードは口座に入っている金額しか決済できません。
しかも即引き落としです。

もちろん分割やリボ払いもできません。
一括払いのみです。
それ以外はクレジットカードと同様に使えます。

クレジットカードのように使いすぎてカード破産などの危険はありません。
デビットカードは発行時に審査もありません。
信用取引ではないですからね。
だれでも気軽に持てるのはメリットですね。

関連記事・・・VISAのデビットカードでクレヒスを作ることは可能か?

日本でしか使用できないJ-Debit

デビットカードには基本的にクレジットカードの国際ブランドが付きます。
しかし、国際ブランドがつかないデビットカードもあります。

これはデビットカードというより、デビットカードの機能がついたキャッシュカードです。

このようなキャッシュカードを使用したデビットカードをJ-Debitといいます。
国内の大手銀行がキャッシュカードをデビットカードとしても利用できるサービスです。

このようなキャッシュカードはJ-Debitの加盟店で利用できます。
ただし、日本独自の決済システムのため日本でしか使用できません。
国際ブランドの付いたデビットカードならその加盟店であれば、世界どこでも使用できます。

なので、デビットカードを持つなら国際ブランド付きのデビットカードがおすすめです。
例えばスルガ銀行HIS提携Visaデビットカードの「ワールド・キャビット」といったカードです。
日本国内はもちろん、VISA提携店舗なら世界中で使えます。

まとめ

このようにデビットカードは通帳の残高しか使用できません。
なので、クレジットカードのように使いすぎることはありません。

ただし、通帳の残高をしっかりと管理してないと、気づいたら通帳にお金がない・・・
なんてことにもなります。

このようなクレジットカードやデビットカードは現金と違って財布から減っていくという感覚がありません。
使いすぎる場合は現金取引が一番です。

管理さえできれば便利です。
特に海外旅行に便利ですね。

スポンサーリンク