三井住友VISAゴールドカードはゴールドカードの中でも審査が厳しく、ステータスの高いクレジットカードです。

それだけに、保険や特典が充実しています。
もちろん他のカードに比べてのデメリットもあります。

クレジットカード選びの参考に三井住友VISAゴールドカードのメリット、デメリットを解説していきます。

三井住友VISAゴールドカードのデメリット

いきなりデメリットからいきます。

まず、単純ですが、年会費がかかるということでしょう。

三井住友VISAゴールドカードの年会費は1万円プラス税金です。
(ETCカードを発行する場合、年会費プラス540円)

これは高いでしょうか?
安いと思いますか?

最近は年会費無料で特典が充実したクレジットカードはたくさんあります。

それなのに、あえて年会費のかかるクレジットカードを選ぶなら、それ相応のメリットが必要ですね。

クレジットカード選びではポイント還元率も非常に重要ですね。
三井住友VISAゴールドカードは、ポイント還元率が高いとは言えません。

とかく、ステータスの高いクレジットカードはポイント還元率は低い場合が多いですね。

三井住友VISAゴールドカードのポイント還元率は0.5%です。
これは普通ですね。
高くもなく低くもない・・・

年会費無料でもっと高還元率のクレジットカードはたくさんあります。
代表的なカードでは楽天カードがありますね。

もちろん使い方によってはお得にポイントを貯める方法はあります。

三井住友VISAゴールドカードのメリット


三井住友VISAゴールドカードのデメリットは解説しました。

今度はメリットを解説します。

若干ミーハー?なメリットですが、ステータスが高いということですね。
そしてカードデザインがかっこいい。

パルテノン神殿のシンプルで高級感のあるデザインですね。

デートなどで、さりげなく三井住友VISAゴールドカードで決済すると・・・
好感度アップかも?

最近の女子はそういったとこも結構チェックする人いますよ。

年会費の割引

年会費を安くする方法があります。
「マイ・ペイすリボ」に登録して、クレジットカードを1回以上利用すれば、年会費が半額になります。

でも、リボ払いは嫌だという人もいるでしょう。

そのような場合は、リボ払いの金額の設定を全額にします。
そうすれば、実質リボ払いになりません。
でも年会費半額の特典は受けることができます。

リボ払いの金額の設定はwebで簡単にできます。

毎月の利用明細を郵便でなく、webで閲覧する「Web明細サービス」にします。
そして、年間6回以上の請求で1000円の割引があります。

うまく利用すれば年会費4000円プラス税金まで下げることが可能です。

また、ETCカードは有料ですが、1年に1回のETC利用で無料となります。
1年に1回なら使うでしょう。
実質無料といっていいですね。

ポイントのメリット

クレジットカードを使う上で非常に重要な項目はポイントプログラムではないでしょうか。

ポイント還元率は上記でも記述したように、0.5%です。

ただ、ポイントアップモールを利用すれば、高い還元率での買い物も可能です。

ポイントアップモールでは・・・
・amazon、楽天市場、yahooショッピングはポイント2倍(還元率1%)
・ビックカメラ.comはポイント3倍(還元率1.5%)
・JTB、るるぶトラベルはポイント3倍(還元率1.5%)
・グルーポンは4倍(還元率2%)
・JINSはポイント6倍(還元率3%)

このようにポイントアップモールを使えば、高い還元率で買い物をすることも可能です。
ポイントアップモール公式サイトはこちら

また、通常のネットの買い物だけでなく、リアル店舗の店でも高い還元率にすることも可能です。
「ココイコ」というサイトで事前にエントリーすれば、ポイント還元率をあげることも可能です。
ココイコの公式サイトはこちら

その他、空港ラウンジ無量や保証の充実など・・・
流石は天下の三井住友VISAカードのゴールドカードという充実ぶりです。

詳しくは公式ホームページを参考にしてください。
三井住友VISAゴールドカードの公式ホームページはこちら

まとめ

三井住友カードなどの銀行系カードはメインカードにおすすめです。
サブカードとして、ポイント還元率が高い、年会費無料のカードなどを使うといいですよ。

やはり、どうしても銀行系カードのポイント還元率は「楽天カード」などの高還元率カードに比べると見劣りします。

でも、銀行系カードの安心感やステータスを考えるとやはりメインカードは銀行系がいいですね。

銀行系カードの中でも今回紹介した三井住友カードはダントツにおすすめです。