クレジットカードの知識や情報を発信

  1. クレジットカードの基礎知識
  2. 3629 view

クレジットカード利用時に店員がサインをもらい忘れが急増中、対応は?

クレジットカードを利用時には暗証番号の入力やサインが必要です。

最近は暗証番号の入力で済む場合がほとんどです。
なので、サインをすることはあまりないです。

クレジットカード利用時にサインをしなくなった理由

現在はカード利用時にサインをすることが減ったのはなぜでしょうか?

これは近年ICチップ付きのカードが急速に増えたことが原因です。

ICチップ付きのクレジットカードの場合、暗証番号の入力もしくはサインです。
ほとんどの場合暗証番号の入力にします。
サインは手間なので・・・

ここで問題になるのはICチップなしの旧式のクレジットカードです。
この場合サインが必要です。

最近はICチップが付いてないクレジットカードは非常に稀です。

なので店員がうっかりサインをもらい忘れという事態が起こるようです。

サインもらい忘れが発生したら面倒なことに

ICチップなしのカードでサインのもらい忘れが発生したら対応が非常に面倒です。
これは、

・顧客
・店の対応

両方とも面倒な対応を迫られます。

そもそもサインのもらい忘れが発生した場合は、再度店に来店しなければなりません。
そして、サインをする必要があります。

もちろんサインの代筆は不可です。
たとえ、カード利用者が代筆をしてもいいと言ってもダメです。
サインは必ず本人がする必要があります。

こうなるとトラブルになります。
カード利用者はサインのために来店するなんて面倒だと思います。
そちらのミスでしょ・・・となります。

しかし、店側はたとえミスでも商品の代金を受け取ることができなくなります。
なので、サインをしてもらわなければなりません。

このような事態を防ぐためには、まずカードがICチップ付きかを確認してください。
付いていたら、さほど気にする必要はありません。

付いてなかったら、注意が必要です。

クレジットカード利用時にサインを求められなかったら、
「サインが必要では?」
と一声かける必要があります。

後々のトラブル回避のためです。

また早急にICチップ付きのカードに変更するという対応もあります。

まとめ

そもそも今現在、ICチップがないクレジットカードなんてあるのか・・・?
なんて疑問を持ったりしますね。

ICチップなしのクレジットカードは稀ですがあります。

代表的なICチップなしのクレジットカードはアメックスのプラチナカード以上のカードです。
なぜかアメックスはゴールドカード以下のカードにはICチップが付いています。
不思議なシステムですね。

なぜこうなっているのかは不明です。
もしかしたらそろそろプラチナカード以上もICチップ対応に変わるかもしれません。

このようにまだICチップなしのカードは少なからず存在しています。

あなたのクレジットカードにはICチップは付いていますか?

スポンサーリンク

 

クレジットカードの基礎知識の最近記事

  1. クレジットカードのリボ払いと分割払いの併用は可能か?

  2. クレジットカードの分割払いのメリットやデメリットとは

  3. クレジットカードのリボ払いと分割払いの違いとは

  4. 定率リボルビング方式とは

  5. 定額リボルビング方式とは

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


当サイトは、プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を導入しています。

最新記事

おすすめ特集記事

  1. おすすめクレジットカード

    MUFGカードの特徴やラインナップとは
  2. おすすめクレジットカード

    VIASOカードの特徴とメリットやデメリット
  3. おすすめクレジットカード

    楽天カードの特徴とメリットやデメリット
  4. おすすめクレジットカード

    dカードからdカードGOLDにアップグレードするメリットとは…