クレジットカードの知識や情報を発信

  1. おすすめクレジットカード
  2. 114 view

初めてのクレカに、三井住友VISAデビュープラスカードがおすすめな理由

初めてのクレジットカードはどのカードにするか・・?
結構迷うところではないでしょうか。

クレジットカードはメインカードとサブカードともう1枚くらい・・・
2、3枚くらい作るのが丁度いいですよ。

まず、初めてのクレジットカードならメインカードを作りましょう。

初めてのクレカで三井住友VISAデビュープラスカードをおすすめする理由

笑顔で指を上に向ける若い女性
当サイトでは初めてのクレカ、特にメインカードには三井住友VISAデビュープラスカードをおすすめします。

その理由とは・・・

まず、メインカードは高ステータスの銀行系カードがいいです。
そして、サブカードは割引などを目的としたカードがいいでしょう。

なので、初めのクレカでも銀行系をおすすめします。

しかし、銀行系カードは審査が厳しい傾向にあります。
特に三井住友カードは他のクレジットカードに比べて厳しい傾向にあります。

だからこそ、信用とステータスがあると言っていいでしょう。

三井住友カードは年齢限定のカードが充実しています。

・三井住友VISAデビュープラスカード(18歳から25歳限定)
・三井住友VISAプライムゴールドカード(20代限定)
・三井住友VISAゴールドカード(30歳以上)

なぜ、このような年齢限定のクレジットカードを充実させているのでしょうか?

これは多分優良顧客となる予定の囲い込みと思われます。
なので、年齢限定のカードは通常のカードより通りやすいと思われます。

もちろん、クレヒスに問題があるのはダメですが・・・

一番低年齢限定のカード、三井住友VISAデビュープラスカードならば・・・
スーパーホワイトなら問題なく通るでしょう。
多分。

三井住友VISAデビュープラスカードのデメリット

不満な顔でバツのフダを出す女性
どんなクレジットカードにもメリットがあればデメリットもあります。
完璧なクレジットカードはありません。

そのデメリットやメリットを考えて、作るカードを選びましょう。

さて、1番のデメリットですが、ポイント還元率です。
これは銀行系カードやステータスの高いクレジットカードすべてに言えることですが・・・

ポイント還元率は高くないです。

なので、銀行系カードを持つ場合は「サブカード」が必要になるんです。

サブカードにポイント還元率の高いカードや特定のサービスの割引があるカードがあった方がいいんですね。

旅行損害保険が付帯しません。
旅行傷害保険とは、例えば飛行機代金をクレジットカードで決済します。

その飛行機で事故が起きた場合などに死亡や入院、通院で保険が出ます。

いざという時にあったらいい保険であることは間違いないですが・・・
私や私の周りでは幸いこの保険を使った人はいません。

この旅行損害保険が付帯しないのをどう考えるかは個人の判断ですね。

ETCカードが年会費500円と有料です。
ちなみに年1回以上の利用で無料になります。

年会費が1250円かかります。
これも年1回以上の利用で翌年の年会費が無料になります。

なので、ETCカードや年会費は実質無料と言えます。
しかし、完全無料でなく実質無料なので、これもデメリットとして考えてもいいでしょう。

三井住友VISAデビュープラスカードのメリット

ガッツポーズの女性
三井住友VISAデビュープラスカードの一番のメリットは年齢によって、カードランクがアップグレードすることです。

どういうことか?
三井住友VISAデビュープラスカードは18歳から25歳限定です。
では、三井住友VISAデビュープラスカードを取得後に25歳を過ぎた場合どうなるのか?

強制退会?

そんなことないです。

25歳を過ぎた次の更新に「三井住友VISAプライムゴールドカード」になります。

20代限定のゴールドカードにアップグレードです。

三井住友VISAプライムゴールドカードになった場合、30歳を過ぎた次の更新で「三井住友VISAゴールドカード」になります。

なんと最短30歳で、あのゴールドカードの中では審査が厳しいと言われる「三井住友VISAゴールドカード」を持てます。

ある意味モテます。

将来的にゴールドカードを持ちたい場合は若い内にこのような
「三井住友VISAデビュープラスカード」を持つと簡単にゴールドカードを持てます。

逆にゴールドカードなんていらない・・・
という人には不要なカードですね。

さて、「三井住友VISAデビュープラスカード」のもう一つのすごいメリット・・・
それは三井住友カードの中で最高のポイント還元率です。

18歳から25歳の特権とも言えるかも・・・

通常、三井住友カードのポイント還元率は0.5%です。
この還元率は銀行系カードでは普通です。

それが「三井住友VISAデビュープラスカード」では2倍の還元率になります。

1%のポイント還元率です。
しかも常時1%の還元率です。

期間限定やショップ限定ではありません。

さらに入会後3ヶ月はポイント還元率が5倍。
5%です。

銀行系カードでこのポイント還元率5%はありえないですね。

「三井住友VISAデビュープラスカード」を所有すると、カードがアップグレードという楽しみが増えます。
25歳を過ぎたら・・・
とうとうゴールドカードデビューです。

そして30歳を過ぎたら・・・
ステータスの高いゴールドカード「三井住友VISAゴールドカード」を保有できます。

ゴールドカードへのアップグレードの楽しみ・・・
これが一番のメリットかもしれませんね。

まとめ

25歳未満でメインカードを作るなら・・・
「三井住友VISAデビュープラスカード」おすすめです。

ただし、ゴールドカードに興味がない人にはおすすめしません。
ゴールドカードは年会費がかかってしまいますからね。

「三井住友VISAデビュープラスカード」の利用枠
・10〜80万円(ショッピング枠)
・0〜50万円(キャッシング枠)

利用枠は信用や勤めている会社や勤続年数、年収によって変わってきます。

でも、これくらい利用枠があれば、とりあえずは十分でしょう。

あなたの年齢は25歳未満ですか?
ゴールドカードに興味はありますか?

両方ともイエスならば「三井住友VISAデビュープラスカード」おすすめです。

おすすめクレジットカードの最近記事

  1. エポスゴールドカードの特典を紹介

  2. エポスゴールドカードはお得か?徹底解説

  3. VIASOカードの申し込み前にすべきこと

  4. 新規募集中止から復活したVIASOカードとは?

  5. VIASOカードの審査の難易度は?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


当サイトは、プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を導入しています。

最新記事

おすすめ特集記事

  1. おすすめクレジットカード

    MUFGカードの特徴やラインナップとは
  2. おすすめクレジットカード

    VIASOカードの特徴とメリットやデメリット
  3. おすすめクレジットカード

    楽天カードの特徴とメリットやデメリット
  4. おすすめクレジットカード

    dカードからdカードGOLDにアップグレードするメリットとは…