クレジットカードの知識や情報を発信

  1. 防犯やセキュリティについて
  2. 10 view

クレジットカードがスキミングの被害に・・・保険は適用になる?

自分は大丈夫だろう・・・と思っていたら痛い目をみるなが詐欺被害です。
クレジットカードもそうそう詐欺になんて合わないと思っていたらヤバいかもしれませんよ。

クレジットカードの詐欺は様々です。
最近では偽サイトでカード情報を入力させるなんて詐欺がありますね。
これは割と認知されていて、注意している人も多いのではないでしょうか。

ちなみに昔からあるクレジットカードの詐欺で「スキミング」があります。
この対策を考えていない人は多いですし、そもそもスキミングを知らない人が多いと思われます。

スキミングとは

軽くスキミングについて説明します。

スキミングとはスキマーと呼ばれるカード読み取りの端末でクレジットカードを読み込んで偽造カードを作ります。

そのカードで色々な買い物をされて、翌月に高額な請求がきて詐欺にあったと気づくわけです。
怖いですよね。

さて、そんなスキミングの被害にあった場合は泣き寝入りなのか?
クレジットカードには保険が付いているので、保険が適用されて被害を補填してもらえるのか?

気になるところですよね。

スキミング被害は保険適用になる?

クレジットカードは基本的にスキミングの被害は保険が適用になります。
盗難などの場合も基本的に保険適用ですね。

ただ、クレジットカードの所有者に過失が認められる場合は保険適用外になる可能性もあります。
なので、クレジットカードの利用には最低限の注意と対策は必要です。

一番注意すべきは暗証番号です。
誕生日などの推測されやすい番号を使っている場合は、詐欺被害でも保険適用外になる可能性があります。

なので、暗証番号は考えて登録しましょう。
でないと後で詐欺被害に合いやすくなりますし、保険でも問題になる可能性もあります。
注意しましょう。

まとめ

クレジットカードには盗難保険が付帯しているものが多いです。
しかし、盗難保険が付帯していないクレジットカードもあります。

クレジットカードを選ぶ場合はポイント還元率などお得に使えることを重要視しがちですが、保険や保障も非常に重要です。

海外旅行の保険もライフスタイルによっては、クレジットカードを選ぶ時の基準にしたいですね。

ちなみに最近はICチップのクレジットカードが一般的になりました。
このICチップ付きのクレジットカードはスキミング被害に合いにくいので、ICチップ付きのクレジットカードを選ぶようにしましょう。

また、スキミングを防ぐグッズなんてもの販売されています。
特に海外旅行に行く場合は、このようなグッズの対策もしておきたいですね。

クレジットカードだけでなく、キャッシュカードやパスポートなどもスキミングの被害に合う可能性があるので、そこも対策しておきましょう。

最悪スキミングの被害にあってしまった場合は、即対象のクレジットカード発行会社に連絡をしましょう。
このような場合は素早い対応が重要です。
被害拡大防止のため、即クレジットカードを利用停止にしてもらう必要がありますので・・・

スポンサーリンク


 

防犯やセキュリティについての最近記事

  1. ETCカードの不正利用や盗難で補償されない事例を紹介

  2. クレジットカードがスキミングの被害に・・・保険は適用になる?

  3. クレジットカードで安全にネットショップを利用する方法とは

  4. 偽造クレジットカードの対策に日本が遅れている理由とは

  5. iPhoneを盗難や紛失した場合、Apple Payの使用を停止する方法とは

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


当サイトは、プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を導入しています。

最新記事

おすすめ特集記事

  1. おすすめクレジットカード

    MUFGカードの特徴やラインナップとは
  2. おすすめクレジットカード

    VIASOカードの特徴とメリットやデメリット
  3. おすすめクレジットカード

    楽天カードの特徴とメリットやデメリット
  4. おすすめクレジットカード

    dカードからdカードGOLDにアップグレードするメリットとは…