Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/seize-ent/creditcard-sikumi.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

クレジットカードの知識や情報を発信

  1. クレジットカードの基礎知識
  2. 13 view

クレジットカードのリボ払いと分割払いの併用は可能か?

過去記事で、リボ払いと分割払いの違いについて解説しました。
どちらも同じ分割払いですが、なにを固定するかで違います。

さて、そこで疑問です。
性質の違うリボ払いと分割払いを同時に利用することは可能なのでしょうか?

リボ払いと分割払いの併用

結論を申し上げますと、併用は可能です。
ただし、注意しなければならないことがあります。

例えば、リボ払いの毎月の支払い金額を3万円に設定していたとしましょう。
そうなると、毎月の支払いは3万円プラス利息になります。

ここにある商品を購入して、その支払いを分割払いにしたとしましょう。
12回払いで、毎月の支払いは1万円だとしましょう。

そうすると、毎月の支払いはリボ払いの3万円 + 利息 + 分割払いの1万円になります。
つまり支払いは4万円以上になります。

リボ払いの設定を3万円にしていても、分割払いをしてしまうと、その分割払いを上乗せして毎月支払わなければなりません。
併用はあまりよい方法だとは思えません。

リボ払いと分割払いを併用する状況とは

併用はあまりよくありませんが、状況によっては併用の方がよい場合もあるでしょう。

例えば、リボ払いの残高があり、これ以上残高を増やしたくない場合。
計画的にリボ払いの残高を減らしていきたい。
そんな場合は併用もいいでしょう。

結局は計画的に使ってれば、問題ないということになります。

ただし、リボ払いは注意が必要です。
計画的に利用しないと、リボ払いが永遠に終わらないからです。
また、残高が積み重なって「リボ天」になる可能性もあるので本当に注意してください。

まとめ

私個人的な意見になりますが、リボ払いと分割払いなら、分割払いを選択した方がよいと考えています。

レジなどでちょっと一手間かかりますが、リボ払いに比べて、分割払いは終わりがあります。
計画的に利用すると考えるならば、リボ払いより分割払いです。

 icon-check-square 関連記事
リボ払いのメリット、デメリット

ただ、リボ払いを設定すると年会費割引やポイント還元などが優遇されるクレジットカードがあります。

うまく利用するならば、このような特典目当てでリボ払いを設定することもありです。
ただし、特典よりもリボ払い手数料が上回ってしまい、結局損しているということにならないように注意しましょう。

スポンサーリンク


 

クレジットカードの基礎知識の最近記事

  1. 実質年率とは?

  2. クレジットカードのリボ払いと分割払いの併用は可能か?

  3. クレジットカードの分割払いのメリットやデメリットとは

  4. クレジットカードのリボ払いと分割払いの違いとは

  5. 定率リボルビング方式とは

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


当サイトは、プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を導入しています。

最新記事

おすすめ特集記事

  1. おすすめクレジットカード

    MUFGカードの特徴やラインナップとは
  2. おすすめクレジットカード

    VIASOカードの特徴とメリットやデメリット
  3. おすすめクレジットカード

    楽天カードの特徴とメリットやデメリット
  4. おすすめクレジットカード

    dカードからdカードGOLDにアップグレードするメリットとは…